I'm always in your hair

音楽、映画、写真、演劇、文学、ライフスタイルなどについてのあれやこれや

グズ克服!GTDまでたどり着けない人が、すぐやる人になる。

こんにちは、シエルです。


来年の手帳がなかなか決まらなくて、「決められない」という事がいい加減いやになり、そういえば、以前ちゃっちゃとやる人になりたくて読んだ本があった、と思い出しました。
あの時は、あーこれでグズを克服できるかも!と思ったものでした。
(KUZU、じゃないです、GUZUです)
 
戦略的グズ克服術―ナウ・ハビット

戦略的グズ克服術―ナウ・ハビット

 

 

これね。とってもよかったんですよ。

Amazonさんからは「お客様は2010年にこの商品を注文しました」って言われているので、読んでからはや6年が経過しているんですね。

この本がよかったなら、今頃グズグズしてるのおかしいんじゃない?って声が聞こえてきそうですが、まあ、確かにそうです。おかしいです。

この本、もう一度目を通そうかと家の中を探してもなかったので、たぶん処分してます。

ということは「もう大丈夫」って思ったんでしょうね、その時は。

 

しかーし。

 

グズとは軽いアディクションである

 

精神医学的な定義は知りません。なんかそんな気がするってだけです。

グズとして生きて来た年月が長ければ長いほど、抜け出すのは大変です。

気づくともとに戻っちゃいます。

他のアディクションと同じように。

 

もちろんね、グズでいいことなんてないって知ってますよ。むしろ害があるってことも。やっちゃいけない、って思っているのにやっちゃうことってありますよね。それと同じで、なぜかやってしまうんです。積極的にグズでいる人なんて、いたとしても極くわずかだと思います。

直したいなあ…と思うんですよ。それなのに、いろんな場面で「でも」って思っちゃうのがグズの考え方なんです。

 

GTDまでたどり着けない!

 

自分の例で言うと、もともとグズでしたが大きな失敗や困難にあったことはありませんでした。

出産を経て育児に入り、仕事と家事育児で混乱を極め、さすがになんとかすっきりできないものかとGTDなんかを読んだりしました。

 

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術

 

 

これはもうね、この通りできればかなりすっきりしますよね、生活も頭の中も。

これは実行するしかないでしょう。

 

ところがところが。

これをシステム化するところまでたどり着けない!

なぜならば私は、グズなのに妙にせっかち、というカオスな思考の持ち主だからなのです。なかなか始めないくせに、始めたらすぐ結果が欲しい。あーなんて都合のいいこと。

 

こうなると、やっぱりグズのところから手を付けないと全然前に進めません。

 

グズの人にはわけがある

 

グズ本も、冒頭に上げた『ナウ・ハビット』の他に何冊か読んでいて、一冊手元に残っていました。

それがこれ。

 

グズの人にはわけがある (文春文庫PLUS)

グズの人にはわけがある (文春文庫PLUS)

  • 作者: リンダサパディン,ジャックマガイヤー,Linda Sapadin,Jack Maguire,斉藤勇
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/02
  • メディア: 文庫
  • 購入: 6人 クリック: 40回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

『ナウ・ハビット』の内容を忘れてしまっているので比較できないのですが、これも悪くないです。文庫だしとっつきやすいですね。

原題は『It's about time』で、"the 6 styles of procrastination and how to overcome them"という副題がついているとおり、グズ(というのがマズければ、先のばし癖)を6つのタイプに分類し、それぞれのタイプの特徴、実例を挙げての原因説明、克服方法が書かれています。

 

その6つのタイプとは、以下の通り。

完璧主義者タイプ

夢想家タイプ

心配性タイプ

反抗者タイプ

危機好きタイプ

抱え込みタイプ

 

どのタイプに当てはまるかは、この手の本によくあるように、テストが載っています。著者も書いていますが、この6つのタイプのどれか一つに当てはまるというわけではなく、大抵は複合的になると思います。

ちなみに私は、完璧主義者、夢想家、反抗者の複合系です。

 

グズとは、時間とエネルギーの使い方をこじらせた人のことである

 

この本によると、グズを克服するには、身につけた先のばし癖を以下の三点において変えて行く必要があります。

 

考え方

話し方

行動様式

 

どう変えて行くかは6つのタイプによって違って来ます。

どのタイプの克服方法も、イメージトレーニングから入ります。

私はすぐ、「こういうのやらされるの嫌なんだよなー」って思っちゃうのですが、このグズりは反抗者タイプの特徴。(まあね、ヤならやめればいいんだ、って話で)

いやいや、マジで、この本を参考にやってみようかなあ、って思ってます。

はい、この手のグズりは、夢想家タイプの特徴ですね。

私は3つのタイプの複合系だから、まずはもれなくだぶりなくやるにはどうしたらいいか考えなくては… と、これは完璧主義者タイプ。

 

グズでない人は、これを読んだらすぐにやってます(っていうかやる必要ないので、きっぱりと「必要ないからやらない」)。

間でたゆたっている、私のような人がグズなんです。

 

グズでない人から見たら、なんて時間とエネルギーの無駄なんだ!と思いますよね。

結局やるならさっさとやったほうがいいじゃん、やらないならやらないでさっさと次へ行けばいいのに、って。

ホントにその通り。

 

本気のプロジェクトとしてグズを克服します。

私のことなどどうでもいいかと思いますが、グズでお悩みの方のご参考になれば、と書いてみました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする