I'm always in your hair

音楽、映画、写真、演劇、文学、ライフスタイルなどについてのあれやこれや

2017年のダイアリーは、まさかのRHODIAマンスリー+α

こんにちは。シエルです。

先日来年のダイアリーについて書きました。

 

www.ciel-wsc.com

 

ノーマークだったRHODIAのダイアリー

 

購入したのは、まさかのRHODIA。マンスリー。

何故かRHODIAサイトのリンクの貼付けができない…ので、写真を。

これです。

 

f:id:hodie-non-cras:20161014225145j:plain

 

あれ? なんか写真のサイズがよく分からなくてデカイけど、ま、いいですよね。

 

実物見ないでネットで買ってしまったので、若干不満です。

中身はこんな感じです(影が写っちゃっててスミマセン)。

 

f:id:hodie-non-cras:20161014225437j:plain

 

不満な点は以下の通り。

 

1)フォントがあんまり好きじゃない

2)次の月の二週目まで必要ない

3)右のメモ欄の方眼の線の色が濃過ぎる

 

1)は、まあね、ずっと見てたら慣れました。まあいいです、これで。

 

2)は、この分のスペースを当月の週に割り振って各行をもう少し広くして欲しかった。今年はコクヨのマンスリーを使っているので、それと比べると一枠がすごく小さいです。そもそもRHODIAのこれはA5より小さく作ってあるので、なおさらです。

 

3)は、すごく邪魔だなーと思うのですが、これでもRHODIAのブロックメモ(方眼)よりは薄い線ですね、たぶん。ブロックメモは私、使いこなせる気がしません。普通のボールペンや、まして鉛筆など絶対かなわない気がします。

ちなみにメモはRollbahnのA6縦型を使っています。

 

shop.delfonics.com

 

余談はさておき、上記の不満点についてはどれもサイトでは見ていたので、わかっていたと言えばわかっていたのです。

それでもこれに決めたのには理由があります。

 

Bullet Journalをやってみよう。

 

もともとスケジュールはブロックカレンダースタイルで一か月を一覧できるのが好みにあっているので、マンスリータイプにする、というところまでは決めていました。

 

ところで話は飛びますが、先日「グズ克服」について書きました。

 

www.ciel-wsc.com

 

この「グズ克服」と手帳って関係あるなあ、というか手帳をもっと活用しよう(いまさらだけど)、と思いまして。

ざっくりとしたスケジュールだけでなく、手帳を使ってもう少し細かく管理してみようか(これまで嫌いだったけど)、と思ったんです。

 

特に「夢想家タイプ」のグズの人は、予定を「具体的な時間に割り当てる」ことが必要です。

おいおいあたりまえだろ、って声が聞こえて来そうですが、そこをきっちりやらないのがグズなんですよ。

あ、誤解なきように一応書きますが、グズな私でも、会社の仕事とかはきちんとやりますよ。やるべきことを期限までに。あと人とのアポとか。

 

話を戻しますが、時間管理ならマンスリーでなくウィークリーやデイリーを活用したほうがいいのか?と、いろいろ(ネットで)見てみましたが、どうもしっくりくるものがない。

 

なぜ?

重過ぎたり、なんか必要ないものが入ってたり…

 

それなら自分で好きなように書けば?

ああそうね、そうしよ。

 

という自問自答の末、どんな風にしようかと考えていたところ、Bullet Journalというのをネット上で見つけました。

 

bulletjournal.com

 

だいぶ前から流行っていたみたいですね。

知らなかったのですが、来年はこれを参考にして手帳を作っていくことにしました。

 

Bullet Journal+マンスリーカレンダー

 

それでもマンスリーカレンダーの一覧性は確保したい。あと、ざっくりなスケジュールだけを持っていれば足りる時というのがある。

そこで目に留まったのが、RHODIAのウェブノートブックA5(注:ここ、当初A4と書いてしまいましたが、A5の間違いです)と、そのノートのポケットに入れられるRHODIAのマンスリーでした。

ノートでBullet Journalをしつつ、マンスリーでざっくりとしたスケジュールを一覧できる。一緒にも持てるし、別々にも持てる。

 

あれ? Bullet Journalって書き方自由でしょ? マンスリーカレンダーもBullet Journalに自分で書き込めばいいじゃない、そうすれば一冊で済むし、と思われるかもしれません。上記のBullet Journalのサイトでは、マンスリーは縦にばーっと書いていますが、それをブロックにすればいいじゃないかと。

確かにそうなんですが、毎月の頭にマンスリーを書くスタイルだと、年間を通して一覧できません。ではまとめて一年分書いてしまえばいいかというと、それも難しい。なぜなら、Bullet Journalはあらかじめどれくらい書くかがわからないので、例えば一冊目のノートの最初のほうにまとめて書くと、二冊目に移った時にまた書かなければなりません。

そういうことから、ノート+マンスリーダイアリー、で行くことにしたのです。

ノートはシルバー(ドット)、ダイアリーはブラックにしました。

(こんな高いノートじゃなくても別にいいよなあって気はするんですけれどもね)

 

さあ来年はテキパキ行くぞーテキパキ!

 

ちなみに、マンスリーブロックカレンダーだけを使う方には、コクヨをお勧めします。

一日のスペースが広いし、後ろにノートページがあるのでメモもできます。

RHODIAのは、後ろにぺらりと一枚ノートがあるだけです。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする