I'm always in your hair

音楽、映画、写真、演劇、文学、ライフスタイルなどについてのあれやこれや

シンプルスキンケア ー もう若くない私の必要最低限のアイテム

こんにちは、シエルです。

 

普段たいていスッピンです。

でもメイクも好きで、毎日続けてすることもあります。

(メイクし慣れると、してない顔がしょぼく見えて来ちゃうんですよね…)

 

スッピンでいることが多いのには二つ理由があります。

ひとつは、落とすのが面倒なこと。

もうひとつは、肌が塞がれる感じが好きではないことです。

 

ベースクリームを塗って、リキッドファンデーションを塗って、パウダーを塗る、というフルメイクは、肌が息苦しく感じてしまうんです。

なので、メイクする時も、普通のクリームかベースクリームのあとにブラシでパウダーを刷く、という感じで済ませます。

 

昔々、若い頃には高級ブランドの化粧品を使っていたこともありますが、最近はそういうのは使いません。当時も、例えばシャネルの口紅なんかは強過ぎて唇がかゆくなってしまうため、使えませんでした。容器は好きなんですけれどもね。

アルコールに弱いため、基礎化粧品などはアルコールフリーのものを使います。

 

もっちりした泡の石けん

 

まずは石けん。これで顔も身体も洗います。

固めの泡がしっかり立ちます。

jp.iherb.com

これはフランキンセンスの香りですが、Nubian Heritageの石けんはいろいろ種類があって、香り、色、なかに植物のつぶつぶが入っているヤツ、などなど、肌のタイプに合わせて選べます。

いろいろ使ってみましたが、これが一番好き。

 

これが欠品している時は、こちら。

jp.iherb.com

使い始めた頃は、一個350円くらいだったのですが、最近は400円ちょっとくらいです(その日のレートによります)。

 

 

アルコールフリーでたっぷり使えるローション

 

ここ数年使用しているローションはこれです。

 

jp.iherb.com

 

335mlで1,000円くらいです。

 

一時は香りがついているのもいやで、無香料無着色アルコールフリーのものを使っていました。でもこの香りは一応ナチュラルみたいだし、すぐに消えてしまうので気になりません。

顔を洗ったら、まず塗るのがこれです。

朝は顔を洗う変わりにこれで拭き取るだけ、ということもあります。

 

クリームはドラッグストアの定番

 

冬場はこれだけでは乾いてしまうので、これをたっぷりつけたあと、ニベアクリームを塗ります。ほんの少しです。
 

www.nivea.co.jp

かなり乾燥している人は結構塗っても大丈夫かもしれませんが、私はそこまで乾燥していないので、塗りすぎるとべたべたしてしまいます。クリームを塗るようになったのもここ最近のことなんです。

コツは、ローションを手で塗り、顔も手も湿っているうちに、少しだけ手に取って手の平に拡げ、顔をおさえるようにつけて行くこと。ローションが蒸発するのを防ぐようにする感じです。

香りも強めなのでなんとなく抵抗があったのですが、少ししか塗らないし、いつまでも残るほどではないので、すぐに慣れました。

 

なんでニベアかというと、たいていどこのドラッグストアでも売ってるし、なんといっても安いから。

これは大缶165gで500円くらいですね。

毎年、携帯にいい薄い缶で限定デザインのものが出ます。雪系、子どもの雪遊び系、ハート系などですが、つい買ってしまいます。「ニベア限定缶」で検索するといろいろ出て来ますね。

 

さっぱり目ならオイル

 

クリームでなくホホバオイルを使うこともあります。

jp.iherb.com

 

118mlで1,200円くらいです。こちらはオーガニックですが、オーガニックでないのもあって、そちらのほうが若干安いです。

 

塗り方はニベアのときと同じ感じ。乾燥肌の人は、たっぷりつけてもいいと思います。

これは髪にも使うので重宝しています。髪を乾かす前に毛先やパサつくところにつけます。つやつやします。

 

基礎化粧品はこれだけ。

 

ベースもドラッグストアもの

 

メイクする時のベースは、ニベアか、カネボウKATEのUVベースを使っています。

f:id:hodie-non-cras:20170115022339p:plain

KATE | no more rules

香料も入っていなくて、伸びもいいです。

ドラッグストアコスメ、侮れません。KATEはメイクのほうでも使っていますが、それはまた別の記事で。

 

化粧品の値段って、ほとんどがパッケージ(デザインも含む)らしいですね。

それをわかっていても、きれいなボトルやコンパクトには心惹かれます。美しいパッケージを買うことで、美の幾ばくかを手に入れているのだと思います。美しいものを美しいと思う心は大事です。

美しいパッケージの化粧品を使って、実際に肌がきれいになるか、見た目がきれいになるかはまた別の話ですけれども。

これらもろもろ、全部含めたものが化粧品というものなのでしょう。

 

ちなみに香水はシャネルのNo.5が一番好き。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする